健康診断・予防接種

健康手帳について

わんちゃん、ネコちゃんの基本的な飼育方法をまとめた資料を患者様には差し上げておりあす。
初めて飼う方、飼うのが久しぶりの方にはわかりやすくまとめてあります。

健康手帳(犬)

ワクチン

・狂犬病 年に1回
・混合ワクチン 年に1回

各種予防

・フィラリア予防 月に1回(5月~11月) 月に1回(通年)
・外部寄生虫 1~2ヶ月に1回

検査

・血液検査 年に1回
・フィラリア検査 年に1回

消化管寄生虫

・定期的駆虫 年に1回
・検便 年に1回

狂犬病ワクチン 年に1回

わんちゃん、ネコちゃんの基本的な飼育方法をまとめた資料を患者様には差し上げておりあす。
初めて飼う方、飼うのが久しぶりの方にはわかりやすくまとめてあります。

混合ワクチン 年に1回

混合ワクチンにより、犬同士で感染する下痢や気管支炎・肝炎を予防できます。
子犬には年に2~3回、成犬には年に1回接種しましょう。

フィラリア予防 月に1回(5~11月、もしくは通年)

フィラリアは蚊を媒介して犬から犬へ伝播する寄生虫です。寄生部位は心臓なので、
寄生が成立してしまうと命を脅かされますが、5月から11月まで月に1回の予防薬投与で100%予防できます。
年間を通して月に1回投薬するやり方もあります。

外部寄生虫予防 1~2ヶ月に1回

液体タイプの予防薬を塗布すると、ノミの場合1~2ヶ月間、マダニの場合1ヵ月間予防効果が持続します。何回シャンプーをしても薬剤の予防効果は持続します。

血液検査 年に1回

肝臓や腎臓等の内臓機能の検査です。動物はしゃべれない上に、人間の4~5倍のスピードで年を取っていきます。早期発見のため定期的に検査を受けましょう。

フィラリア検査 年に1回

フィラリア症予防薬は、すでにフィラリアに感染している犬に投与すると重篤な副作用が出る可能性があるので、フィラリアに感染していないことを検査にて確認してから投薬を開始する必要があります。

消化管寄生虫駆除 年に1回

寄生虫による被害から守るために定期的に駆虫を行うことを推奨しています。動物から人へ感染する寄生虫もいるため、愛犬とご家族を守るためにも行いましょう。

検便 年に1回

日々の散歩や犬との交流により簡単に寄生虫に感染します。寄生虫を早期に発見するために、定期的に糞便検査を受けることをお勧めします。

Copyright(c) 2016 横浜市磯子区の動物病院 葉山動物病院. All Rights Reserved.